介護派遣 メリット・デメリット

派遣の介護士として働くメリット・デメリット

介護の派遣のメリット

時給が良い

派遣の介護士として働く一番のメリットはやはり時給が良いということでしょう。

 

介護士の全体的な給与は良くありません。
正社員の平均でも年収は200万~400万、月収では13~20万となっています。

 

反対に派遣は時給制ですが、1,100円~1,700円位が相場です。
派遣会社によって差はありますが、時給が高いところでは年収として計算すると正社員よりも高収入となることもあるのです。

 

夜勤がない

派遣だと夜勤をしなくても良いという職場が多いです。
夜勤をすれば確かに給与は多くもらえますが、体力面で辛いという方もいますし、既婚女性の方は家事や育児と両立しやすいよう夜勤は避けたいという方も多いです。

 

辞めやすい

介護は正直まだ制度に改善点が多く、いわゆるブラックな施設が存在します。それは従業員に対してだけでなく、入所者に対しても虐待や暴言が日常化してしまっているような施設も残念ながら存在します。そういった施設に勤めてしまった場合、正社員ですと辞めれば職歴に残ります。しかし、派遣社員であればまずは派遣元の企業に相談したりワンクッションを置くことができます。
当たりハズレの多い介護業界だからこそ、辞めるまでのハードルを低くしておくというのは案外大切なのです。

介護の派遣のデメリット

立場が不安定

派遣はあくまでも非正規雇用ですから、施設の運営会社などの経営が傾けば非正規雇用から解雇対象になるでしょう。それでも介護職であれば次の就職先は見つかりやすいですが、こういった場合正社員に比べて保証が少ないというリスクもあります。

 

他の職種に転職する際不利になる

介護業界は人手不足なので、前職が派遣でも特に問題がない場合が多いですが、主婦など特別な理由のない派遣社員としての職歴はあまり武器にはなりません。「楽だから派遣でいよう」などというのではなく、将来を見据えてプランを立てるようにしましょう。

まとめ

一昔前前は派遣は福利厚生の面や待遇面が不十分だと言われていましたが、今は育休や有給休暇などの福利厚生はきちんと整えている派遣会社がほとんどです。

 

できれば介護専門の派遣会社を探し、信頼できる担当者がいるような会社へ登録するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ