介護 紹介予定派遣

介護の紹介予定派遣について

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣は、最初に派遣会社に登録をし、その後施設へ働きに行ったあと企業側と人材側の合意があれば正社員雇用とステップアップする働き方です。
期間は最長でも6ヶ月、平均的には3ヶ月程度の派遣期間を経ることが多いようです。

 

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣の大きなメリットは、施設の雰囲気や方針などを知ってから正社員になれることです。いきなり正社員として働きだすと、もし施設の方針や雰囲気が思ったものと違ったとき退職へのハードルが高くなってきてしまいます。また、正社員として働いた職歴として残ってしまうので、短期間で退職するのは今後の就職活動においてイメージが悪くなってしまいます。

 

普通の派遣と何が違うの?

一般的に言われる「派遣」は登録型派遣と呼ばれます。この登録型派遣の大きなメリットは、自分で仕事を探す必要がないことです。派遣は派遣会社のコンサルタントの方に自分がどんな施設で働きたいのか、時間帯や曜日などの希望、将来的な希望などを伝えそれにマッチした仕事を紹介してもらいます。もし派遣の期間が切れても次の仕事をコンスタントに紹介してもらうことができます。また、派遣会社を通して働きに行くので職場見学もできますし、困ったことがあればコンサルタントの方に相談することができますので心強い雇用形態といえるでしょう。未経験からはじめる方にもおすすめです。
デメリットとしては経験やスキルが低い方が派遣として働くとなると年齢とともに就業先が見つからなくなってくるということです。

 

紹介予定派遣と登録型派遣とどちらがいいの?

紹介予定派遣は基本的に正社員を目指すためのステップであること、登録型派遣は決められた一定の期間を働くため、あくまでもプライベートを重視したい方向けであると言えます。
どちらが良いというのではなく、自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせた働きか方を選ぶようにしましょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ